背が伸びない原因は分かっているんだから辞めればいいじゃん

身長が伸びない訳としてはテレビやゲームが原因だと言われることがあります。テレビやゲームが悪いのは睡眠不足になるからのようです。成長にとって睡眠不足は天敵でありコドモの頃から長時間眠った方が背が高くなる可能性が高まります。また中であそぶコドモは外で運動しなくなることが多いのでこれも身長が伸びない原因になってしまいます。身長が低いという定義とは身長順に100人コドモを並べた時の前から2人が身長が低いという定義になるはずです。すると身長が低いということは比較した結果に過ぎません。100人いれば必ず2人が身長が低いという定義になるはずですが違うグループで調べると身長が低いとはならない可能性があります。そういうことで身長が低いと言われても即、何らかの病気には当てはまりません。どう考えても身長が低すぎるという場合を除いて。背を伸ばすためにはたん白質と亜鉛が必須であるそうです。中高生は毎食それを摂ることが身長を伸ばすのに良いようです。さらにエクササイズも良いと言えますが運動している全員が身長を伸ばしているようには思えません。運動と聞くと本格的な競技でないと駄目なような気がしますが小学徒が外で走り回っているようなことでも良いそうです。あとは睡眠というものも影響が高く、背が高い人の間では1回十一時間以上も寝ているという方もいます。栄養が不足している場合は身長の伸びを阻害してしまいます。ここで言う栄養とは骨を創る栄養素や骨を伸ばす栄養素になるはずです。成長期にオヤツや好きな物だけ食べる偏食は成長を妨げてしまうので注意が必要です。またダイエットなどのご飯制限も成長を阻害する要因になるはずですから考えものです。栄養不足を解消してバランス良く食べることを意識すると身長には良い影響があるでしょう。身長を大聴くするためにプロテインは必要なのだろうか?プロテインを飲むことは誤りではないでしょう。身長プロテインは選択肢が多岐にわたるので難しいかもしれません。しかしながら、食べるのみでは摂れない栄養素がふくまれるプロテインを使用することで背丈を伸ばす後押しになると思います。さらに栄養価とともに安全かどうかも考慮してプロテインを選ぶといいでしょう。男女両方共18歳までで成長期が終わると考えていいでしょう。ただまれに20歳を超えても成長する人がいますので背が伸びなかった場合でも諦めるのは早いかもしれません。ただ概ね20歳前後にはその人の最終的な身長が決まってしまいます。それまでにどれくらい身長を伸ばすかが勝負と言えるのではないでしょうか。ただ正しい知識を持って身長を伸ばす努力が必要で黙っていても身長はそれ程伸びないかもしれません。日本人の平均的な身長の増加は頭打ちになっています。1948年に平均の身長は160cmであり2016年では170cmという調査になっています。近年では10cmも伸びがあったと言えるでしょう。ところが最近は完全に頭打ちのようで一切伸びがなくなっています。ですから日本人の平均身長はここまでだ、いやその逆だという言い合いがあり、どちらに付いたら良いのかは分かっていません。コドモの最初の成長は1歳から4歳頃までになっていてこの期間に赤ん坊は倍の体の大きさになるはずです。これ以降は体の大聴くなるスピードは緩やかになるはずですが5センチくらいは伸びるので成長しないということではないです。それから急激に体が大聴くなるのは10代になる直前でこれを第二次性徴期と言ってもいます。この年令が成長する期間であり最終時期になっていてこれ以降は成長が止まります。成長期に身長が伸びない要因は多岐にわたりますが生活習慣が原因である場合は改善できる可能性があるでしょう。成長期に成長ホルモンの分泌が遅い場合は通常その後にずれ込むことになるはずですが何らかの原因で成長ホルモンが余り分泌されないと身長の伸びが鈍化します。そして生活習慣が乱れている場合は成長ホルモンの分泌が悪化していきます。寝る時間が遅い睡眠時間(効果的に昼寝を取り入れることで、仕事や勉強の能率があがります)が少ない場合は成長ホルモン分泌を阻害される場合があります。遺伝と背の高さの影響は考えているより低いと言われています。一部の研究ではその影響力は25パーセントしかないと言われています。しかしながら背が高い親はそのコドモも背が大きいことがほとんどです。一方背が低い親からは背が低い子が育ちます。結果から見ると背の高さと遺伝の係わりは大きいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です