日本人の平均の身長の高さは停滞しています

ニッポン人の平均の背丈の高さは停滞しています。一九四八年に男性の成人の平均が160cmだったのが二〇一六年には170cmになっています。ここ50年程で10cmも平均が伸びています。しかし実は最近の二十年間はしばらく170cmで平均値は実は変わっていないのです。この調査をうけてニッポン人の身長は限界だ、いや限界ではないと意見が別れていてますが実際のところはどうなんでしょうか。身長を伸ばすためにサプリが必要なのか?サプリを使用することはありと言えばありでしょう。身長のサプリは多彩な種類があり選ぶのが大変です。しかし食事では補えない栄養が入っているサプリを選ぶことで身長を伸ばす補助にすることができます。また栄養素と安全性についても着目してサプリを選ぶことが大切でしょう。成長しない要因とはテレビの長時間視聴やゲームにハマることが挙げられます。テレビ視聴やゲームの悪いところは睡眠の質や時間が定価することです。おこちゃまの成長にとって余り眠れないことは大問題であり長く眠れる方が大聴く成長できます。さらに部屋で遊ぶことに慣れたおこちゃまは部屋で遊びたがるので運動不足になり成長が阻害されがちです。第一次成長期は1歳から4歳までの時期を差していてこの間に赤ちゃんは2倍近くの身長に伸びます。この時期を過ぎると身長の伸びは緩やかになっていきますが、多少は身長が伸びていくので全く伸びないということはありません。その後身長が急に伸びだすのは思春期の時期でこれが第二次性徴期と呼ばれています。この時期が最も体が大聴くなる時期で最後の段階になり、その後は骨が伸びなくなり身長が変わらなくなります。栄養が足りない状態は低身長の要因を作っていることになります。ここで言及する栄養とは身長を伸ばす体つくりに必要な栄養素ということになります。大事な成長する時期に偏った食事をすることは成長する機会を失わせる原因になりかねません。さらに体を細くするために食事を減らすのも低身長の原因になる可能性が十分にあります。栄養バランスが良い食事をすると低身長になりにくいかも知れません。遺伝と体長の結びつきは言われる程ないということです。具体的に言えばたった25%しかないということです。そうは言っても親が体長が大きい場合はそのおこちゃまも同様である場合が多いでしょう。そして小さい親の場合はそのおこちゃまも小さいように思いるでしょう。結局実例から考えると体長と遺伝は非常に強い繋がりがあると思って良いでしょう。第二次性徴期でも身長が伸びない原因は様々あると思いますが生活の慣習が原因だったら改善の見込みはあります。第二次性徴期に成長ホルモンのぶんぴが悪い場合は成長期以降にスライドする場合もありますがそもそも成長サイクルに問題を抱えている場合、成長ホルモンが出なく身長の伸びが悪いです。アト生活習慣が悪い人は成長ホルモンのぶんぴが悪いです。睡眠が足りない人の場合は成長ホルモンのぶんぴが停滞する可能性があります。身長を伸ばすには蛋白質と亜鉛が重要という話があります。おこちゃまの頃はそれを毎食取ることがとても高い効果があるという話もあります。次に体を動かすことも良いという話もありますが実際には全員が全員そうでもないことが分かっています。体を動かすと言えばすぐにスポーツを想起しますが児童が外で鬼ごっこしているだけでも効果ありだそうです。最後に寝ることも重要で身長が高い人の中には一日11時間も寝ているという話があります。低身長の括りとは100人のおこちゃまの内、最も身長が低い2人が低身長という括りになります。ただそうなると低身長と比べただけの問題になります。身長が低い2人が該当するとなっているのですが他のケースで調べると低身長に該当しない場合もあるでしょう。したがって低身長という括りになっても悪い症状に該当しているりゆうではないのです。もっとも著しく成長が無い場合は問題があるでしょう。男女両方共18歳までで成長期が終わると考えて良いでしょう。ただまれに20歳を超えても成長する人がいますので背が伸びなかった場合でも諦めるのは早いかも知れません。ただ概ね20歳前後にはその人の最終的な身長が決まってしまいます。それまでにどれくらい身長を伸ばすかが勝負と言えるのではないでしょうか。ただ正しい知識を持って身長を伸ばす努力が必要で黙っていても身長はそれ程伸びないかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です