日産とスバルの完成検査が問題になっているけどそんなに騒ぐことなの?

最近自動車業界であった事件というのは日産とスバルの完成検査の不正です。

これでワーッとなって多くの人が憤っていたようですがこれって何が問題なの?って思った人もいたのではないでしょうか。

なんでも問題が起こると企業が悪いと言い出す人が増えているので中身をよく見てみないといけないのではないかと思うのです。

完成検査員が資格がなかっただけ…

問題を整理すると完成検査というものがあります。これは車が完成した状態で異常がないか検査することです。

この検査をする人が資格が必要なのですが無資格の人が検査をしていたのが問題となりました。

ただし正確に言うならば完成検査に無資格の人が混ざっていたということです。完成検査員はしっかりいてその中に無資格の人もいたのが問題となっています。

ただ完成検査員というのは実は国や公的な機関の資格ではなく、何と社内規定によって定めた人を指すようです。つまり2~3日研修してその企業が大丈夫だとOKを出せばその人は完成検査員になれるという訳です。ただ社内規定が厳しい企業は今回のように完成検査員の資格が無かった人も混じっていてテレビで報じられるような問題となったということなんですね。

また完成検査は研修の意味でも現場に立ち会う訳でその時点で完成検査に無資格の人が混じってしまうのは不可避ということですから、どうやってこれを防げということなのかという部分も否めないでしょう。

しかもこれは何十年も続いていたという話で今更出てきたのはやや違和感はありますね。そもそも日産内の内部告発によるもので、重箱の隅をつつくような問題かと言えます。おそらく不満がある社員がこの問題をたれ込んだのが真相でしょう。そういう社員は必ず社内にいるものです。

それを受けてスバルも自ら問題があったと認めたのがこの問題が公になった経緯なのです。

ルールを守らないのはNGだ

一方で法律で定められたことは守る必要があるということは言うまでもないでしょう。

これがどんな些細な問題であったとしても企業は守る義務があるのです。

ただ最近の政治家を見る限り法律を悪用して守っていないのは企業よりも政官の方だと思いますよね。違法でなければ何をやってもいいみたいな都合の良い解釈がまかり通っていて怒りを感じるのは政治や行政の方だと思いますよ。どう考えても。

今回の検査員の問題は思ってもみなかった話でそんなことがあったのかという話です。検査自体は検査員がやっていたわけでそこに多少資格がない人も混じっていたのですが、これは研修するということもあって仕方ない話だったという向きが大勢のようです。

他のメーカーは守っていたので

さて他のメーカーはどうであったのかと言えば全く問題がなかったようです。

これだけメディアで言われてた問題ですから違反していたらやはりスバルのように自ら申し出た筈です。正直この話は外からみても絶対に違反しているかどうかは分からないので内部告発によって判明した話です。

ですからスバルでも内部告発が無かったら、絶対にわからなかった問題でしょう。それでも真面目な社風で有名ですから(;・∀・)、自らやってましたと謝罪した訳です。確かに隠蔽したらしたで内部から告発されたら更に問題が広がってしまうので懸命な判断だったと言えるでしょう。逆に信頼感が高まったという人もいるかもしれません。

また他のメーカーが知らないふりをしている可能性もなくはないですが、それは絶対に分からないことでしょう。また無かったと思いたいですよね。

真面目すぎるのも問題か?

一般論ですが真面目すぎるのも問題かなという場合もあります。

黙っていれば良いものを!みたいな話。

誰だって追求されるのは嫌ですから黙っているのが普通と言えば普通ですね。私もミスをして知らないふりをしたことは何回かありますよ。自分のせいだと思われたら不利になりますよね。

問題が起こって犯人や原因が分からない場合はほぼその犯人は知らない振りをしていると言えます。つまり犯人はすぐ近くにいる場合がほとんどだということ。探してみると出てくるんですが余り追求しないほうが良い場合も多いかもしれません。ただ疑われることが多数ですから結局、何か関係性が悪化する場合も多いです。そういったことで自ら出頭することも重要でしょう。

その点ではスバルは今回、正しい道を選択したと言えそうではないでしょうか。私もいつか正しい選択をしてまっとうに生きれるように反省したいなと思ったのですw

愛媛での車買取のことならこちらで